もしも、サプリメントのプロが葉酸サプリメントを辛口で採点レビューしていたら、役に立つ?役に立たない?

サプリメントアドバイザーがおすすめする葉酸サプリの選び方

葉酸サプリの情報を知りたい人が全国から集まる場所「葉酸サプリクラブ」へようこそいらっしゃいました。

今ここにアクセスしたということは、妊娠あるいは妊活をきっかけに葉酸の重要性を知ったのだと思います。ですが、世の中には葉酸を摂取できるサプリがたくさんありすぎて、「どれを買えばいいのかわからない!」と迷っているのではないでしょうか?

安心してください。その悩みは「葉酸サプリクラブ」で解決できます。

当サイトは、世界各国で妊活中・妊娠中の摂取が推奨されている「葉酸」を安心安全に摂取できるよう、サプリメントの専門家である私が人気の葉酸サプリを辛口でひたすらレビューしているサイトです(現在28商品のレビュー完了)。

専門資格としては、日本ニュートリション協会公認「サプリメントアドバイザー」、厚生労働省認可団体・財団法人職業技能振興会認定「サプリメントマイスター」の資格を持っています。

もし、「サプリメントアドバイザー?マイスターって何?信用できるの?」と気になる人は、下記のページにて信頼性の解説していますので、お読みください。
Checkサプリメントアドバイザー認定証明書と当サイトの運営方針・関係性の明示について

葉酸サプリクラブを立ち上げた理由

サプリメントアドバイザーのテキスト写真

まずは当サイトを立ち上げた理由からお話しします。昨今は、日本でもようやく葉酸摂取の重要性が認知されてきたこともあり、葉酸サプリを販売するメーカーや葉酸サプリを紹介するサイトが増えてきています。

メーカーはどこも自社商品が最強だと思って販売していますので、それはそれで良いと思います。しかし、私が問題だと感じるのは、葉酸サプリを紹介しているサイトです。どこの誰が書いているのかわからないサイトが多々見受けられますが、嘘情報を掲載しているサイトが山のようにあることに驚きました。

例えば、「合成の葉酸は危険だから、天然の葉酸を選びましょう!」とか「天然素材・自然素材のサプリは安心・安全です!」とか、厚生労働省が呼びかけていることと全く逆の内容が真実かのように出回っていました。このままでは、葉酸摂取の本来の目的が達成できなかったり、大切なお金を無駄にする人も出てきてしまいます。

この間違いだらけのネット情報が氾濫している状況を正すには、サプリの正しい知識を持つプロが正しい情報を発信するしかありません。

私は2013年8月に日本ニュートリション協会の「サプリメントアドバイザー」の資格を取っています。このサプリメントアドバイザーの知識を活かして正しい情報を発信するべく、2013年10月に当サイト「葉酸サプリクラブ」を立ち上げました。

葉酸サプリクラブは、サプリメントの専門家による原材料・成分・添加物のチェック、販売会社の信頼性チェックなどを元に、妊活中・妊娠中におすすめの葉酸を効率的かつ安全安心に摂取できるように、どのメーカーの葉酸サプリを買うのがベストなのかをわかりやすく、プロ目線の厳しい目で解説しています。

サプリメントのことは、サプリメントのプロに聞いてください。他には真似できない本物の口コミを心をこめてお届けしていきます。日本で最も本音で葉酸サプリの真実を語る辛口のレビューサイトを目指していきますので、ぜひ参考にしてください。必ずやお役に立てると思っています。

もし、「そもそも葉酸が何なのかよくわかっていない」「なぜ摂取する必要があるのか知らない」という場合は、葉酸知っトック講座「Check葉酸とは何?いつからいつまで必要なの?妊婦の63.7%が摂取時期を間違っている現状」を読んでおいてください。

注意!天然葉酸は現時点では証拠が得られていません。

葉酸には、食事から摂れる「プテロイルポリグルタミン酸型の葉酸=Folate」と、工業的に製造された「プテロイルモノグルタミン酸型の葉酸=Folic Acid」の2つの葉酸が存在します。

厚生労働省は、「妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」という報道資料の中で、少なくとも妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までに、1日0.4mgのモノグルタミン酸型葉酸を栄養補助食品で摂取することを推奨しています。

ポリグルタミン酸葉酸(食事で摂れる天然葉酸)については、「現時点では証拠が得られていない」と厚生労働省が発表しています。(参照元:妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取の係る適切な情報提供の推進について

ですので、妊娠1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月目までは、食事性葉酸(天然葉酸)に加えてサプリメントからもモノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)を1日400μg(マイクログラム)摂取することが大切です。

「食事から摂れる天然葉酸(推奨量240μg)」+「葉酸サプリメントから摂れる合成葉酸(推奨量400μg)」=合計640μgの葉酸を摂取する必要があるのです。サプリメントのパッケージの裏面に「葉酸」の文字が書かれていれば、合成葉酸が摂取できるしるしです。

一方で、妊娠中期・妊娠後期は「一般女性の推奨量240μg」+「妊婦の付加量240μg」=合計480μgの葉酸を食事から摂取します。この場合は「天然葉酸」でOKです。ですが、妊娠4ヶ月目以降も、食事で不足している場合はサプリメントで補っていきます。

現代人の食生活を考えると、葉酸を多く含む食品を食べても毎日480μgの葉酸を摂取し続けるのは困難ですので、妊娠4ヶ月目以降もサプリメントに頼らざるを得ないのが現実です。(参考葉酸を多く含む食品・食べ物を教えて!

ややここしいかも知れませんが、簡単に言うと「少なくとも妊活中~妊娠3ヶ月目までは、食事に加えてサプリメントで、モノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)を毎日400μg摂取することが、厚生労働省によって推奨されている」ということです。

「厚生労働省は合成葉酸を推奨」←これは私が考えた表現です。

なお、この事実を公的機関のサイト以外で明文化したのは、当サイトが国内初だと自負しています。なぜなら、ネット上に事実と異なる情報であふれていた憤りが、当サイト立ち上げのきっかけになっているからです。

さらに、厚生労働省は、「合成葉酸を摂取しましょう」という表現は使っていません。厚生労働省は、「folic acid」や「プテロイルモノグルタミン酸」葉酸を摂るようにと表現しています。「厚生労働省は合成葉酸を推奨」←これは私が考えた表現です。

一般の人に「folic acid」や「モノグルタミン酸型」と言っても何のことか伝わりにくいだろうと思ったので、わかりやすく「folic acid=モノグルタミン酸型葉酸=合成葉酸」に置き換えて表現したのです。

私がこの表現で伝えようと思った当時、あらゆるサイトを確認しました。先ほども書きましたが、当時は「合成素材は危険!天然素材のサプリを選びましょう!」みたいなサイトしかありませんでしたので、先陣を切って真逆の事実を伝えることにドキドキしたことをよく覚えています。

繰り返しますが、「厚生労働省は合成葉酸を推奨」これは当サイトを作るまではネット上に存在していなかった表現です。それなのに、いつのまにかあちこちのサイトで使われていて、「おいおい、人の表現パクるなよ!」と思ったので、モノ申しておきます。

なお、前述のように「食事性葉酸に加えて」「妊娠1ヶ月以上前~妊娠3ヶ月目」という大前提があっての表現です。ここが抜けると正しい情報ではなくなります。

一体どの葉酸サプリを買えばいいの?【前提の話】

それでは、話を戻しまして、妊活中や妊娠中の女性はどのメーカーの葉酸サプリを買えば良いのか?自信を持っておすすめできるのはどの商品になるのか?口コミで人気の葉酸サプリを独自基準を元にして、サプリのプロ目線で辛口でレビューしました。

葉酸サプリクラブでは、妊活中、妊娠初期、中期、後期のどの時期でも共通となる「独自評価基準10項目」を策定しました。なぜ「独自」と強調しているのかと言うと、私が制定した基準をパクる悪質なサイトが増えたからです。

葉酸サプリクラブ「独自」評価基準

  1. 天然か合成か。摂取時期にふさわしい葉酸を摂取できるか
  2. 「天然・自然素材は安全」などという幻想で消費者をカモにしていないか
  3. 危険性の疑いがある原材料や添加物が使われていないか
  4. ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンCが配合されているか
  5. 各種栄養素は過不足なくバランスのよい配合量になっているか
  6. 賦形剤の量を減らせるカルシウムが210mg以上配合されているか
  7. 品質が一定に保たれるGMP準拠工場で製造されているか
  8. 安すぎず、高すぎない妥当な価格設定になっているか
  9. 企業理念が明確で販売実績もあり、信頼できる会社であるか
  10. 購入前の問い合わせや購入後のサポート対応が良い会社であるか

これがサプリのプロが制定したすべての葉酸サプリ選びの前提となります。各項目のもっと詳しい解説は別記事にて解説していますので、併せてお読みください。(詳細 葉酸サプリメントの正しい選び方

発表!これがプロによる葉酸サプリ格付けランキング

以上の独自評価10項目を元に、そのような結論に至った理由を客観的なデータや指標を根拠にして、主観的にABC評価で比較・ランキング化しました。玉石混交の葉酸サプリをプロの視点で厳しく採点しましたので、ぜひ参考にしてください。

嘘をつきたくはありませんので、すべての葉酸サプリについて、良い面も悪い面も事実として包み隠さず正直に書いています。私はサラリーマン時代に住宅メーカーの営業職をやっていましたが、初めて契約したお客さまに「真面目で嘘をつくような人じゃないから」と言われたことがあります。その姿勢やポリシーは今も変わりません。

ただし、誤解のないようお伝えしておきますが、当サイトで評価の低い葉酸サプリを飲んだからと言って、赤ちゃんに悪影響が出る可能性は極めて低いです。

もし、そんなヤバイものを販売していたらとっくに大問題になっています。当・葉酸サプリクラブが辛口評価している内容を各メーカーに問い合わせても「安心してお飲みいただけます」と言われるのがオチです。

各メーカー魅力的な葉酸サプリを販売していますので、「口コミの評判が良くて、人気の葉酸サプリの中でもどれが一番いいのか?」を選定するために、私の主観と価値観を織り交ぜながら、かなり辛口で評価して比較分類した結果であることを初めにお伝えしておきます。人気のない粗悪な葉酸サプリはレビュー対象にすらなりません。

それでは、C評価→B評価→A評価の順に発表していきます。詳細な解説を読みたい場合は、各商品の「詳しい解説をもっと読む」リンクをタップしてください。さらに詳しく辛口で批評したページに移動します。

総合評価C(残念ですが、おすすめしません)

99.9%が添加物のカタマリ「ネイチャーメイド葉酸」

ネイチャーメイド葉酸

販売メーカー:大塚製薬株式会社
代表取締役:樋口達夫
価格:442円(Amazon定期便)

プロの解説

葉酸0.4mg以外の栄養素が何も含まれておらず、残り99.9%が添加物で構成されている。ビタミンは単体ではなくて、他のビタミンと一緒に摂ることで有用に働くため、葉酸単体サプリではうまく働いてくれるが不安。

ネイチャーメイド葉酸の詳しい解説をもっと読む

肝心なものより余計なものが入っている「ローラ鉄+葉酸」

ローラ鉄+葉酸

販売メーカー:株式会社明治
代表取締役:川村和夫
価格:980円

プロの解説

葉酸が200μgしか摂取できない上に、葉酸と一緒に摂るべきビタミン類も添加されていない。鉄の吸収を助けるビタミンCも入っておらず、逆に酸味料、着色料、香料、甘味料など余計な添加物のほうが多い。

ローラ鉄+葉酸の詳しい解説をもっと読む

謎が多すぎる「美タミーナ葉酸サプリ+」

美タミーナ葉酸サプリ+

販売メーカー:株式会社GRAMERCY
代表取締役:須田綾
価格:初回500円、2回目以降3,980円

プロの解説

販売会社の情報が何もない、代表者名がコロコロ変わる、発がん性の疑われる二酸化チタンを着色料として使用、葉酸以外の栄養成分の配合量が不明という謎だらけの葉酸サプリ。おすすめできる要素が何もない。

美タミーナ葉酸サプリ+の詳しい解説をもっと読む

2種類の人工甘味料を使用「ママスタイル葉酸キャンディ」

ママスタイル葉酸キャンディ

販売メーカー:和光堂株式会社
代表取締役:岩上伸
価格:311円

プロの解説

「サプリ(健康食品)」というより、商品名のとおり「キャンディー(お菓子)」で、人工甘味料もアセスルファムKとスクラロースをダブルで使用。自身や赤ちゃんの健康のためにわざわざ選ぶものではない。

ママスタイル葉酸キャンディの詳しい解説をもっと読む

これ1粒では弱い「ビーンスタークマム毎日葉酸+鉄これ1粒」

ビーンスタークマム毎日葉酸+鉄これ1粒

販売メーカー:ビーンスターク・スノー株式会社
代表取締役:平田公孝
価格:1,049円(Amazon定期便)

プロの解説

タブレットタイプなのにビタミンCが入っていないため、食事と別タイミングで食べた時に葉酸や鉄をしっかりと体内に取り込めるのか疑問。その代わりに「おいしさ」を出すための添加物がしっかりと入っている。

ビーンスタークマム毎日葉酸+鉄これ1粒の詳しい解説をもっと読む

99.9%が栄養とは無関係「赤ちゃんのささやき葉酸」

杏林製薬の赤ちゃんのささやき葉酸

販売メーカー:杏林製薬株式会社
代表取締役:宮下三郎
価格:1,119円(Amazon定期便)

プロの解説

主成分が乳糖ではなく麦芽糖なので、ネイチャーメイドの葉酸よりはマシだが、栄養素として配合されているのは葉酸だけ。ビタミンB群(葉酸が含まれる)は他のビタミンBと一緒に働くため、葉酸だけのサプリで葉酸が体内でちゃんと働くのかは疑問が残る。

赤ちゃんのささやき葉酸の詳しい解説をもっと読む

葉酸以外の成分量が不明「オーガニックレーベルの葉酸」

オーガニックレーベルの葉酸

販売メーカー:株式会社ミーロード
代表取締役:キャサリン・チュウ
価格:初回500円、2回目以降3,960円

プロの解説

妊活中、妊娠初期に欠かせない「合成葉酸」ではなく「天然葉酸」を配合してしまい、もはや葉酸サプリとしての機能を果たせていない。さらに成分量は葉酸以外不明で、原材料も安全性に不安の残る天然素材を複数使用している。

オーガニックレーベルの葉酸の詳しい解説をもっと読む

天然葉酸の元祖「ドクターズチョイスオーガニック天然葉酸」

ドクターズチョイスオーガニック天然葉酸

販売メーカー:ビューティーアンドヘルスリサーチ
代表取締役:Shuichi Tanaka
価格:4,980円

プロの解説

妊活成分としてマカパウダーを配合しているが、含有量は非公開。葉酸以外の成分量を質問しても日本語が理解できているとは思えないコピペメールが返ってくる。妊活中や妊娠初期に必要な合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)が摂ることができない時点で論外。

ドクターズチョイスオーガニック天然葉酸の詳しい解説をもっと読む

ビタミンB6が耐容上限量をオーバー「ビタミンとミネラルの美的ヌーボプレミアム」

美的ヌーボ

販売メーカー:株式会社フック
代表取締役:富安洋美
価格:6,912円(毎月お届けコース)

プロの解説

妊娠中期以降に適した天然葉酸、鉄15mgを摂取できるが、ビタミンB6が耐容上限量45mgを大きく超えてしまっている。サプリで最も気をつけるのは栄養素の「過剰摂取」であるため、耐容上限量がオーバーしているサプリをプロとしておすすめすることはできない。

ビタミンとミネラルの美的ヌーボプレミアムの詳しい解説をもっと読む

総合評価B-(微妙でイマイチ)

葉酸と鉄が多すぎる「プレネイタル1/2スプリット」

プレネイタル2/1スプリット

販売メーカー:日本ダグラスラボラトリーズ株式会社
代表取締役:中山芳瑛
価格:4,275円(定期コース)

プロの解説

妊婦向けのマルチビタミンミネラルサプリで必要なものはまんべんなく含まれている。しかし、鉄が27mg、葉酸が800μgというのは、耐容上限量内には収まっているが、一歩間違えると過剰摂取の危険性と背中合わせになる。逆にカルシウムは150mgとイマイチ足りていない。

プレネイタル1/2スプリットの詳しい解説をもっと読む

栄養素の配合バランスが悪い「ナチュラルハウスの葉酸+鉄」

ナチュラルハウスの葉酸+鉄

販売メーカー:株式会社ナチュラルハウス
代表取締役:白川洋平
価格:3,240円

プロの解説

オーガニック商品を扱うナチュラルハウスが販売しているだけあって、余計な添加物は一切使われていない。しかし、鉄が19.5mgと多い割に、カルシウムが全く入っておらず、栄養成分の配合バランスが良くない。

ナチュラルハウスの葉酸+鉄の詳しい解説をもっと読む

大部分が賦形剤「ディアナチュラ葉酸」

ディアナチュラ葉酸

販売メーカー:アサヒフードアンドヘルスケア株式会社
代表取締役:唐澤範行
価格:583円

プロの解説

香料、着色料、保存料は無添加で、ビタミンBやビタミンB12を添加して、99.9%が添加物のカタマリサプリとは異なる。ただし、それでも大部分が賦形剤で、ビタミンC、鉄、カルシウムも配合がなく、栄養面はかなり心細い。

ディアナチュラ葉酸の詳しい解説をもっと読む

妊婦には不向き「ニュー・サイエンスのマルチビタミンミネラル」

ニュー・サイエンスのマルチビタミンミネラル

販売メーカー:株式会社ニュー・サイエンス
代表取締役:山田信子
価格:7,515円

プロの解説

天然素材をベースにして、かなりパワフルな栄養配分が魅力。しかし、2.5cmという大きさで、ニオイもきつく、つわりの時期にとても飲めるサプリではない。葉酸も天然では妊活~妊娠初期にサプリで飲む意味がない。

ニュー・サイエンスのマルチビタミンミネラルの詳しい解説をもっと読む

品質管理体制が不明「鉄+カルシウム+乳酸菌(EC-12)配合葉酸サプリ」

たまひよ葉酸サプリ

販売メーカー:株式会社ベネッセコーポレーション
代表取締役:原田泳幸
価格:1,620円

プロの解説

ビタミンB群7種類に、鉄やカルシウム、さらに乳酸菌も含まれている。しかし、妊活・妊娠中に飲むサプリメントでありながら品質管理体制が不明。カルシウムもよく見ると10mgと信じられないくらい微量しか入っていない。

鉄+カルシウム+乳酸菌(EC-12)配合葉酸サプリの詳しい解説をもっと読む

葉酸以外の栄養素なし「バイタルケアーズの葉酸」

バイタルケアーズの葉酸

販売メーカー:株式会社バイタルケアーズ
代表取締役:中島賢一朗
価格:980円

プロの解説

香料、着色料、保存料は使用していないこだわりは感じられるが、栄養素は葉酸しか入っていない。主原料がアルファルファであり、99.9%が添加物のサプリとは異なるが、逆にアルファルファが主原料のサプリを妊婦が毎日飲んでも大丈夫なのか疑問が残る。

バイタルケアーズの葉酸の詳しい解説をもっと読む

イメージよりは悪くないが、やはり微妙「DHCの葉酸」

DHCの葉酸

販売メーカー:株式会社ディーエイチシー
代表取締役:吉田嘉明
価格:258円

プロの解説

コンビニでも売っている手軽さゆえに低品質な単体栄養素かと思いきや、ビタミンB6やビタミンB12も添加されていて、余計な添加物は使われていない。しかし、ビタミンCも鉄もカルシウムも配合されておらず、心細いのは否めない。

DHCの葉酸の詳しい解説をもっと読む

栄養面があと二歩足りない「葉酸カルシウムプラス」

葉酸カルシウムプラス

販売メーカー:ピジョン株式会社
代表取締役:山下茂
価格:884円(Amazon定期おトク便)

プロの解説

余計な添加物は不使用で、商品名にはない「鉄」も10mg含まれている。しかし、葉酸や鉄と相性よく働いてくれるビタミンCが入っておらず、商品名にあるカルシウム量も200mgには足らず、もうあと二歩もの足りない。

葉酸カルシウムプラスの詳しい解説をもっと読む

企業の葉酸への見識が薄い「ヤマノ葉酸サプリ」

ヤマノ葉酸サプリ

販売メーカー:株式会社ヤマノ
代表取締役:山本九州男
価格:3,110円(定期便)

プロの解説

葉酸サプリの宿命「賦形剤の多さ」を難消化性デキストリンで減らす企業努力が見て取れるが、葉酸や鉄と一緒に摂りたいビタミンCが入っていない。また、企業姿勢が「マカ」推しで、葉酸の見識があまり深くない印象を受けた。

ヤマノ葉酸サプリの詳しい解説をもっと読む

粒の大きさの割にカルシウムが心細い「葉酸メニーミックス」

葉酸メニーミックス

販売メーカー:グラース・グラース
店舗運営責任者:松下恵美
価格:3,980円

プロの解説

天然素材をベースにした原材料で、ビタミンミネラルはまんべんなく入っている。しかし、カルシウムの配合量が75mgとだいぶ少なく、さらに粒の大きさが2cm超えというアメリカンサイズで、つわりの時期と重なる妊娠初期には苦労しそう。

葉酸メニーミックスの詳しい解説をもっと読む

総合評価B(及第点レベル)

カルシウムが少なく賦形剤多め?「小林製薬の葉酸 鉄 カルシウム」

小林製薬の葉酸 鉄 カルシウム

販売メーカー:小林製薬株式会社
代表取締役:小林章浩
価格:1,026円

プロの解説

全体的な栄養バランスは悪くなく、ほぼ同じ栄養成分の「葉酸メニーミックス」より飲みやすいのもポイント。しかし、合成素材とはいえ、マルチビタミンミネラルサプリが1,000円というのは、原材料の品質が気になる。商品名に入っているカルシウム量が少ないのが原因か。

小林製薬の葉酸 鉄 カルシウムの詳しい解説をもっと読む

商品は良いけど、会社の信頼性がない「Lara Republic葉酸サプリ」

Lara Republicの葉酸サプリ

販売メーカー:株式会社Brighter
代表取締役:木村勇介
価格:2,980円(定期コース)

プロの解説

成分配合内容も良く、日本サプリメント評議会の安心安全マーク取得済みで、不安の残る添加物も使われていない。価格も3,000円以下で定期購入の回数縛りもなく、商品そのものは良いが、販売会社の信頼性を図れる情報が何もなく、評価の分かれる葉酸サプリ。

Lara Republic葉酸サプリの詳しい解説をもっと読む

ニオイがキツいが、妊娠中期・後期ならおすすめ「パティ葉酸サプリ」

パティ葉酸サプリ

販売メーカー:株式会社トミプロ
代表取締役:藤田圭子
価格:3,780円

プロの解説

添加物を使ってコーティングしていないためニオイがキツく、つわりの時期には不向き。しかし、農薬不使用野菜の粉末と食品原料のみで構成されているため、美容成分は不要で、より自然な形でビタミンやミネラルだけを補いたい人には魅力的。不足がちな葉酸、鉄、カルシウムは計算して「配合」しているのもポイント。

パティ葉酸サプリの詳しい解説をもっと読む

総合評価A-(おすすめできます)

葉酸サプリ唯一のピニトール配合「ベジママ」

ベジママ

販売メーカー:関西鉄工株式会社
代表取締役:山本光晴
価格:初回2,970円、2回目以降5,940円

プロの解説

アメリカでは妊活成分として利用されているが、まだ日本では希少な「ピニトール」配合。「毎月の放出力を維持したい」&「五体満足な赤ちゃんを産みたい」という2つの希望を同時に叶えられるまさに「一粒で二度おいしい」葉酸サプリ。妊活専用の葉酸サプリでおすすめ度No.1。ピニトールの摂取が必要な体質かどうかは、レビューにて要確認。

ベジママの詳しい解説をもっと読む

コスパ優秀「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」

女性100人の声から生まれた葉酸サプリ

販売メーカー:株式会社エーエフシー
代表取締役:淺山雄彦
価格:1,521円(6個セット購入)

プロの解説

栄養成分の配合バランス、成分の確実性、原材料の安全性、飲みやすさ、企業の信頼性、いずれも問題なく、合成栄養素のみの葉酸サプリの中ではコスパNo.1。出費も重なる妊活~妊娠中にできるだけ価格を抑えたいけど、安かろう悪かろうでは困る人に最適。

女性100人の声から生まれた葉酸サプリの詳しい解説をもっと読む

合成葉酸はもちろん、天然葉酸もダブルで摂れる「はぐくみ葉酸」

販売メーカー:株式会社はぐくみプラス
代表取締役:山村昌平
価格:初回定期1,980円、2回目以降3,980円

プロの解説

2016年8月に原材料&成分配合が大幅リニューアル。合成葉酸400μgに加えて、天然葉酸100μgも摂取できる唯一のハイブリッド型葉酸サプリ。食事からの葉酸摂取量が推奨量に足りていない20代・30代女性に特におすすめ。定期購入の回数縛りもなく、返金保証も付いて良心的。

はぐくみ葉酸の詳しい解説をもっと読む

総合評価A(買ってよし)

今、ネット通販でダントツで売れている「ベルタ葉酸サプリ」

ベルタ葉酸サプリ

販売メーカー:株式会社ビーボ
代表取締役:武川克己
価格:3,980円(定期便)

プロの解説

ビタミン・ミネラル27種類、アミノ酸20種類、緑黄色野菜14種類、淡色野菜7種類、美容成分6種類という圧倒的な原材料を凝縮し、さらに不足分は合成栄養素で補い、スタッフによるサポートにも注力しているため、妊活開始から出産するまで評価が変わらず使い続けられる総合力No.1葉酸サプリ。

ベルタ葉酸サプリの詳しい解説をもっと読む

栄養機能食品規格に12種類の栄養素が準拠「ママニック葉酸サプリ」

ママニック葉酸サプリ

販売メーカー:レバンテ株式会社
代表取締役:藤田忠雄
価格:3,780円(定期購入)

プロの解説

単に原材料数の多さや美容成分配合をアピールしているのではなくて、科学的根拠が医学的・栄養学的に広く認められている栄養素を、消費者庁の定める栄養機能食品の上限・下限内に収まるよう計算し尽くして配合した葉酸サプリ。栄養機能食品の準拠数12種類は葉酸サプリの中でNo.1。

ママニック葉酸サプリの詳しい解説をもっと読む

採点結果を「妊娠時期別」に分類してみました

そして、上記の前提10項目のチェックに加えて、3つの「時期別に」独自のチェック項目をさらに追加して検証してみました。なぜなら、妊娠時期によって摂取すべき栄養成分の量も変化するからです。それを一括りにして、「鉄が15mgに満たないサプリはイマイチ・・・」みたいな評価はフェアじゃないと判断しました。

あとは、当サイトの独自基準やレビュー内容・表現があちこちでパクられまくって頭に来たので、独自の「時期別」での評価軸をさらに追加しました。

下記より各期間の画像をタップすると、独自チェック項目に時期別チェック項目をプラスした辛口レビューの一覧ページに移動します。

妊活開始~妊娠初期(3ヶ月目まで)用はこちら
妊活開始~妊娠初期用

妊娠中期(4ヶ月目)~妊娠後期用はこちら
妊娠中期~妊娠後期用

妊活期間専用はこちら
妊活期間専用

※常に最新の情報を掲載するため、商品のリニューアル、新商品の発売、評価基準の見直し、新しい研究データの発表があった際は、情報や評価が変更となる場合があります。

【プロが選んだ】葉酸サプリ時期別No.1商品はコレ!

    • ママニック葉酸サプリ

      妊活開始~妊娠初期用・第1位
      ママニック葉酸サプリ
      12種類の栄養素が栄養機能食品仕様の葉酸サプリ。医学的・栄養学的に認められた成分を過不足なく摂取可能。

    • ベルタ葉酸サプリ

      妊娠中期~妊娠後期用・第1位
      ベルタ葉酸サプリ
      妊娠前から妊娠~出産するまで活躍してくれるハイスペック葉酸サプリ。その圧倒的な総合力は他社を寄せ付けません。

    • ベジママ

      妊活期間専用・第1位
      ベジママ
      妊活中の葉酸はもちろん、毎月の「放出力を維持したい」という悩みもサポートしてくれる一石二鳥の妊活期間専用サプリ。