1. 葉酸サプリクラブ
  2. 葉酸サプリメント
  3. サプリメントアドバイザーの辛口レビュー
  4. ≫日本ダグラスラボラトリーズのフォーリックアシッド(葉酸)の原材料内容に疑問。

日本ダグラスラボラトリーズのフォーリックアシッド(葉酸)の原材料内容に疑問。

日本ダグラスラボラトリーズ株式会社の「フォーリックアシッド (葉酸)」ですが、「医師が患者に出すサプリメント」の製造メーカー全米1位にランクされる米国ダグラスラボラトリーズ社の日本法人が販売しているサプリメントです。本当に危険性はないのか安全なのか、添加物や原材料など、サプリメントアドバイザーが辛口でレビューします。

日本ダグラスラボラトリーズの「フォーリックアシッド (葉酸)」をプロが辛口チェック

飲みやすさ(粒の大きさ、ニオイ、味)



プロの辛口評価

粒の大きさは約8ミリ程で薄いベージュ色です。小さくて飲みやすいです。味やニオイもありません。


会社・代表者の信頼性

米国ダグラスラボラトリーズは1953年に設立された米国における医療用栄養補助食品メーカー第一位の企業です。ダグラスラボラトリーズの商品は世界40カ国で販売されています。アメリカのサプリメント特有の「栄養素の多さ」がウリで、体感度がウリの一つにもなっています。

その米国ダグラスボラトラリーズのサプリメントを、1099年に日本に初めて紹介したのが日本ダグラスラボラトリーズ株式会社の代表の中山芳瑛さんです。医療用サプリメントメーカーとして医療機関700施設に納入しているほか、OEMによる製造委託も行なっています。「葉酸メニーミックス」もダグラスボラトラリーズのOEM商品です。

ホームページには代表者の顔写真もメッセージもありません・・・と思っていたのですが、ありました。英語表記になっていたので、わかりにくいです(日本語でお願いします)。

アメリカの「予防医学」の概念や、病気を直すこと同様「病気にならないための指導」も重視しているアメリカの医療事情から、医師が患者に出すサプリメント一筋に製造してたこだわりが伺えます。


プロの辛口評価

医療用サプリメント米国No.1メーカーの日本法人です。


品質・製造工程

GMP準拠はもちろん、品質管理の国際基準ISO9001、高度な品質検査能力を示す校正・試験の国際基準IISO17025を取得した工場にて、製造管理されています。原材料から完成までは、バーコードで一元管理されていて、生産工程でのサンプリングと分析の記録を研究所に提出して、分析試験に合格した商品のみが出荷されます。

また、別途「品質検査室」にて、処方どおりか、重さ、硬さ、崩壊度、摩損度は仕様どおりか、といった検査から微生物検査も原材料、製造中、完成後の3回実施されます。


プロの辛口評価

医療用サプリメントの工場ですから、当然GMP準拠で安心です。


原材料(添加物)の信頼・安全性

葉酸、微小繊維状セルロース、シェラック、増粘剤(V.C)

栄養素は葉酸だけです。なぜか400μgしか入っていない葉酸が最初に記載されています。JAS法では、原材料の多い順に記載するのが決まりになっています。日本ダグラスボラトリーズのホームページを見てみると、


引用:https://www.d-sup.com/brand/douglas_laboratories/207/

葉酸は、アルファルファと酵母の複合原料からできているようです。2種類以上の原材料からできていて、サプリメントに占める割合が重量割合の5%未満の場合は原材料の省略が認められています。しかし、原材料が4つしかないのに、5%未満の原材料が最初に記載されることは考えられません。謎の記載方法です。

着色料、香料、保存料は使用していませんが、添加物は使用しています。

微小繊維状セルロース
パルプおよび綿を均質化し、微小繊維状にした製造用剤。昔は、安全性の十分な確認が行われていなくて、使用を保留している生協も多かった添加物です。ですが、今は使用保留リストからは削除されて、マヨネーズなどに使用している生協もあります。

シェラック
光沢剤やコーティング剤が用途です。小林製薬の葉酸女性100人の声から生まれた葉酸サプリ小林製薬の葉酸 鉄 カルシウムプレミンでも使われています。原材料が虫の分泌物ですのであれですが、安全性は高いです。

アルファルファ
アルファルファは、植物性エストロゲンが含まれているため、妊娠中は過剰摂取を避ける必要があります。ただし、美的ヌーボのように抽出に使っただけで、エストロゲンは残っていないタイプだと思われます。


プロの辛口評価

たった400μgの葉酸が最初に記載されている謎の表記と、微小繊維状セルロースがやや気になります。


配合成分の過不足

日本ダグラスラボラトリーズのフォーリックアシッド(葉酸)は、鉄が配合されていませんので、妊活中~妊娠初期まで用として成分チェックしていきます。( )内は妊娠初期の量。

フォーリックアシッド (葉酸) 推奨摂取量 平均摂取量 耐容上限量 判定
葉酸(μg) 400 640 271 1000
ビタミンB6(mg) 0 1.2(1.4) 0.92 45
ビタミンB12(μg) 0 2.4(2.8) 4.8 なし
ビタミンC(mg) 0 100(110) 69 なし
鉄(mg) 0 6.5(9) 6.7 40
カルシウム(mg) 0 650 441 2500

合成葉酸ではなくて、アルファルファと酵母からなる天然葉酸のようです。ポリグルタミン酸型葉酸(食品に含まれる葉酸)が摂れるとしたら、厚生労働省推奨の葉酸とは異なります。この時点で、健常な赤ちゃんを産むサプリとして微妙です。

また、葉酸以外の栄養素は何も入っていません。増粘剤としてビタミンCが使われていますので、ビタミンCも含まれていますが、栄養素としては添加されていないため、栄養成分は葉酸だけです。

ということは、大部分が微小繊維状セルロースということになります。微小繊維状セルロースは前述のとおり、安全性の確認が十分に行われていません。

また、葉酸を体内で効率的に働かせるには葉酸単体ではなく、ビタミンB群やビタミンCも一緒に摂る必要がありますし、妊娠中に必要な鉄、現代人は推奨量に足りていないカルシウムも入れて欲しいところです。高品質を謳うダグラスラボラトリーズ社のサプリメントらしからぬ配合内容となっています。


プロの辛口評価

主要成分は微小繊維状セルロースです。

結論:高品質・メガドーズとは思えない添加物メインの葉酸サプリ。

総合評価B-

日本ダグラスラボラトリーズ株式会社の「フォーリックアシッド (葉酸)」ですが、「医療用サプリメントメーカー米国1位」の米国ダグラスラボラトリーズ社のGMP準拠工場にて製造されていますので、品質や管理体制の安全性は抜群です。

アメリカは日本のように国民健康保険の加入義務がないため、民間の保険会社が健康保険制度を担っています。しかし、保険料が高額で保険に入っていない人も15%いて、さらに保険に入っていたとしても医療費が高額になるというお国柄があります。

そのため、アメリカでは「病気になってから治す」という考え方よりも、「病気にならないように予防する」という予防医学の考え方が定着しています。ゆえに、アメリカのサプリメントは日本よりも栄養量も多いのです。

栄養素の含有量が多いことを「ハイドーズ」と呼びますが、ダグラスのサプリメントはさらにその上をいく「メガドーズ」と呼ばれるほど栄養素が豊富なのが特徴です。

ところが、今回の「フォーリックアシッド (葉酸)」は違いました。栄養素は葉酸だけしか含まれていません。ということは、大部分は添加物です。しかも、安全性がまだ十分ではない微小繊維状セルロースが使われている状況です。「ダグラスのサプリメントは自然素材を中心」と書いてありますが、原材料表記が省略されているということは、天然素材の葉酸は5%以下です。

栄養素は単体では働きません。複数の栄養素をバランス良く摂ることで、効率よく体内で働くようになります。ゆえに、普段の食事から他のビタミン類をしっかり摂れていなければ葉酸だけ摂っても上手く働いてくれません。

ビタミンB群は水溶性で3~4時間で体外に排泄されてしまうため、葉酸単体だけでなく他の栄養素を同時に摂取する必要があります。葉酸との相性が良いビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンCをサプリメント摂取時の食事内容で摂取している必要があります。

ということで、栄養素の配合量、添加物の内容・使用量、いずれを見てもおすすめと言えるサプリメントではありませんでした。


葉酸サプリクラブ – サプリメントアドバイザーが辛口で評価

この記事が参考になったら、友だちにも教えてあげてください。