1. 葉酸サプリクラブ
  2. 葉酸サプリメント
  3. サプリメントアドバイザーの辛口レビュー
  4. ≫DHCの葉酸は妊婦が飲んでも危険性はないの?成分分析と口コミ

DHCの葉酸は妊婦が飲んでも危険性はないの?成分分析と口コミ

株式会社DHCの「葉酸」ですが、安い、粒が小さくて飲みやすい、1日1粒で良いという継続のしやすい葉酸サプリメントとして口コミでも人気です。妊婦が飲んでも安全なのか危険性はないのか、サプリメントアドバイザーが辛口でレビューします。

DHCの「葉酸」をプロが辛口チェック

飲みやすさ(粒の大きさ、ニオイ、味)



プロの辛口評価

直径8ミリで、オレンジがかった色がついていますが無味無臭。舌触りはツルッとした感じで飲みやすいです。


会社・代表者の信頼性

株式会社ディーエイチシーといえば、化粧品や低価格のサプリメントでお馴染みの会社です。代表(会長)は吉田嘉明さん。ホームページには長文メッセージを寄せていますが、顔写真は載せていません。

「同じ品質なら、必ず安い。同じ価格なら、必ず高品質。他社より優れていなければ製品化しない。」という開発コンセプトで、「健康食品=高い」というイメージを払拭しました。コンビニに置いてあるサプリといえば、DHCというイメージがあります。

しかし、安い=低品質ではなくて、品質の高さにもこだわりを持っています。「どこよりも高品質、高配合、適正価格」を基本方針としていて、他社の配合量も徹底調査しています。正直「DHC=安物サプリ=低品質」という印象があったのですが、品質第一主義なのは意外でした。

また、「DHC健康食品相談室」では、医師・薬剤師・栄養士などの専門スタッフによるお客様専用相談窓口(フリーダイヤル)を完備していて、サポート体制も充実しています。


プロの辛口評価

代表者が顔写真付きでメッセージを寄せていれば完璧でした。


品質・製造工程

健康食品GMPに準拠した国内工場のみで製造しています。世界中から原料を厳選し、集められた原材料はDHCの研究所で徹底分析し、安全性や成分量の確認や、処方後の働きについて繰り返し検証が行われます。

研究所には有機化合物の成分分析装置(高速液体クロマトグラフィー)なども完備されており、すべての工程をクリアしたものだけが製品として出荷を認められます。また、検証は製造前はもちろん、製造中、製造後、さらに出荷後に一定期間置いてからも再検査を行なうなど、妥協なき検証体制を整えています。


プロの辛口評価

品質・製造体制は完璧です。


原材料(添加物)の信頼・安全性

麦芽糖、デキストリン、結晶セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、ビタミンB6、ビタミンB2、葉酸、ビタミンB12

麦芽糖(賦形剤)、デキストリン(結着剤)、ショ糖脂肪酸エステル(乳化剤)、結晶セルロース(製造用剤)が使われています。気になるのが「ショ糖脂肪酸エステル」と「結晶セルロース」です。

ショ糖脂肪酸エステルは、ネイチャーメイド葉酸ヤマノ葉酸サプリ小林製薬の葉酸 鉄 カルシウムにも使われている乳化剤です。

一生涯にわたって毎日摂り続けても、問題ないと考えられる一日あたりの摂取量(ADI)が1日20mgに設定されています。通常の食生活や、サプリの飲み方をしていれば、この量を超えることはありません。ですが、ADIが設定されている以上、「安全性が高いです!」とは言えません。

結晶セルロースは、杏林製薬の赤ちゃんのささやき葉酸小林製薬の葉酸、小林製薬の葉酸 鉄 カルシウム、ベネッセの鉄+カルシウム+乳酸菌(EC-12)配合葉酸サプリにも使われていて、限りなくホワイトに近いグレーな添加物です。それ以外は安全性に特に問題はありません。


プロの辛口評価

ショ糖脂肪酸エステルと結晶セルロースが少しだけ気になります。


配合成分の過不足

DHCの葉酸は、鉄が入っていませんので、妊娠前~妊娠初期まで用として成分チェックしていきます。( )内は妊娠初期の量。

DHC葉酸 推奨摂取量 平均摂取量 耐容上限量 判定
葉酸(μg) 400 640 271 1000
ビタミンB6(mg) 1.3 1.2(1.4) 0.92 45
ビタミンB12(μg) 2.5 2.4(2.8) 4.8 なし
ビタミンC(mg) 0 100(110) 69 なし
鉄(mg) 0 6.5(9) 6.7 40
カルシウム(mg) 0 650 441 2500

葉酸の種類は、モノグルタミン酸型の葉酸(合成葉酸)です。

DHCは、単体栄養素のサプリメントを大量に販売しているイメージがあります。もちろん、マルチビタミンやマルチミネラルも販売していますが、コンビニで見かけるのは単体のサプリの印象が強いです。そのため、今回の「葉酸」も栄養素としては葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12だけです。

ビタミンC、鉄、カルシウムが入っていませんが、「食事で補えていない人は別売りの単体サプリも買ってね」という方針なのかも知れません。そうなると、添加物の摂取割合も増えますので、一粒に凝縮してもらいたいところです。

ビタミンB6が1.3mg入っていますので、杏林製薬の葉酸ネイチャーメイド葉酸(大塚製薬)のように99.9%が添加物の固まりで出来ているというほどではありませんが、大部分が添加物で出来ていることには変わりありません。

DHCは「マルチビタミン/ミネラル+Q10」というマルチビタミンミネラルも販売していますが、こちらは葉酸が210μgしか含まれていませんので、このマルチビタミンミネラルは妊活中、妊婦さん向けのサプリメントではありません。


プロの辛口評価

ビタミンC、鉄、カルシウムが入っていません。

結論:添加物の危険性は低いが、栄養素の割合が心細い。

総合評価B-

株式会社DHCの「葉酸」ですが、業界最大手のサプリメントメーカーとして、「品質」と「価格」に強いこだわりを持っています。「大手企業だからといって、良い製品を販売しているとは限りません」というポリシーの元、他社商品の価格や栄養素の配合量のチェックを行なった上で商品の開発をしています。

製造も自社の研究施設・工場(健康食品GMP準拠)において厳重に行われています。できあがった商品は機械によるチェックだけでなく、なんと熟練した作業員の目で1粒ずつすべてを検品をしている。というこだわりぶりです。「安かろう悪かろう」というサプリメントではありませんでした。

しかし、今回レビューした「葉酸」サプリは、文字どおり「葉酸のみ」を考慮した栄養素の配合量になっています。葉酸と一緒に摂ると効率的なビタミンB6、ビタミンB12も入っていますが、葉酸を体内で活性型にしてくれるビタミンCが入っていません。

DHCは別売りで、「ビタミンC」「ヘム鉄」「カルシウム+CBP(濃縮乳清活性たんぱく)」も販売していますが、それぞれの1日の摂取量は、ビタミンCは2粒、ヘム鉄は2粒、カルシウム+CBPは4粒となり、これら妊婦が補給したい栄養素を単体サプリで摂ろうとすると、合計で1日9粒も飲む必要が出てきます。

また、ヘム鉄のサプリは鉄単体サプリメントの割に「鉄10mg」しか摂れません。妊娠中期以降に推奨されているな21.5mgをサプリメントで補うには「15mg」は必要です。

さらにDHCのヘム鉄には「カラメル色素」が使われています。カラメル色素は、でんぷんや糖蜜を熱処理して作られた「カラメルⅠ」なら良いのですが、カラメルⅠに亜硫酸化合物やアンモニア化合物を加えて熱処理した「カラメルⅡ、Ⅲ、Ⅳ」が使われている可能性もあります。

これらは「カラメル色素」とまとめて表記して良いため、Ⅰ~Ⅳのどれが使われているかわかりません。しかし、カラメルⅠは製造コストが高いため、DHCのサプリに使われているとは考えにくいです。また、カラメルⅡは日本では使用禁止されています。

つまり、ⅢかⅣになるわけですが、突然変異性や染色体異常の危険性が疑われているため、妊婦さんが積極的に摂取すべき添加物ではありません。あくまで「一般の人向け」の鉄サプリという印象です。

DHCに詳しく聞いてみたいところですが、サポート体制の充実をアピールしている一方で、問い合わせたらたらい回しされて、気軽に聞けるシステムではありませんでした。

ということで、葉酸以外の栄養素がバッチリ摂れているのでしたら良いですが、食生活に自信がない場合はマルチビタミンミネラルタイプで、葉酸400μg摂取できるサプリメントのほうが安心で健康的で効率的です。


葉酸サプリクラブ – サプリメントアドバイザーが辛口で評価

この記事が参考になったら、友だちにも教えてあげてください。