1. 葉酸サプリクラブ
  2. 葉酸サプリメント
  3. サプリメントアドバイザーの辛口レビュー
  4. ≫森永Eお母さん 葉酸タブレット(森永乳業)のレビュー。添加物の多さが気になる。

森永Eお母さん 葉酸タブレット(森永乳業)のレビュー。添加物の多さが気になる。

森永乳業株式会社の「森永Eお母さん 葉酸タブレット」の口コミをお探しの人へ。妊娠初期の妊婦さんにおすすめなのかどうか、日本ニュートリション協会公認サプリメントアドバイザーが辛口でレビューします。

森永乳業の「森永Eお母さん 葉酸タブレット」をプロが辛口チェック

飲みやすさ(粒の大きさ、味、ニオイ)
5

森永Eお母さん 葉酸タブレットのパッケージ写真
森永Eお母さん 葉酸タブレットの中身
直径1.5cmほどの粒で、タブレットとしては標準的な大きさです。さすがにそのまま飲み込むのは無理です。駄菓子のぶどうガムのようなニオイですが、強くニオイを感じることはありません。舐めると少し粉っぽいラムネの味です。味は、ほのかにぶどうの味ですが、噛むと酸っぱく感じますので、舐めたほうがおいしいです。


プロの辛口評価

おいしく、お菓子感覚で食べられますので、続けやすいです。


会社・代表者の信頼性
5

森永乳業株式会社と言えば、言わずと知れた乳製品メーカーの大企業です。牛乳、乳製品、アイスクリーム、飲料その他の食品等の製造、販売をしている会社です。日本人なら知らない人はいないでしょう。

森永牛乳、リプトン、クリープ、ビヒダスヨーグルト、ピノ、クラフトパルメザンチーズ・・・口にしたことはなくても、一度は耳にしたことのある有名商品ばかりです。

ホームページにも代表の宮原道夫さんが社長メッセージとして、顔写真付でしっかりと理念を語っています。2017年には100周年を迎えるそうです。これだけ歴史のある企業ですから、信頼性は全く問題ありません。


プロの辛口評価

創業100年を迎える日本が誇る安心の乳製品メーカーですね。


品質・製造工程
4

工場ごとに商品に合った独自の品質管理システム「MACCP」を採用しています。品質監査は、事業所による内部品質監査→品質保証部による品質監査→外部品質監査という3重の品質管理体制です。

また、工場での検査とは別に、分析センターで原材料をロットごとにサンプル検査しています。原材料は三重の受入検査を行ない、検査に合格した原材料のみ使用しています。

さらに、森永乳業では品質を作り上げるのは「人=社員」であるとの考えから、品質に関する社内教育・研修を行っているという徹底ぶりです。「風味パネルマイスター制度」という人間の舌でしか判断できない風味をチェックする社内資格も用意されています。残留農薬検査も定期的に行われているようです。

ただし、厚生労働省が推奨しているのはGMP認定工場で製造したサプリメントです。独自のシステム「MACCP」ではありません。しっかり管理しているようですが、MACCPをどのくらい信用して良いのかは不明です。そこをマイナス1点としました。


プロの辛口評価

GMPではなく、独自の品質管理システム「MACCP」を採用しています。


原材料、添加物の信頼・安全性
1

森永Eお母さん 葉酸タブレットの裏面

炭酸カルシウムマグネシウム、還元麦芽糖水飴、ショ糖、ぶどう果汁粉末、デキストリン、ソルビトール、クエン酸、セルロース、ステアリン酸カルシウム、ピロリン酸鉄、香料、クチナシ色素、増粘剤(プルラン)、甘味料(スクラロース)、ビタミンB6、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

添加物として香料、着色料、甘味料が使われています。これがタブレットタイプの最大の欠点です。飲む込みサプリメントではなくて、舐めながら食べるので「おいしさ」を考えて不要なものが添加されています。

まず、香料ですが、「香料」と一口に言っても、100品目以上存在しています。それらを複数組み合わせてグレープの香りを作り出しますが、香料の中には毒性の強いものもあり、どれが使われているのか不明です。

次に、着色料として使われているクチナシ色素。クチナシ色素にもクチナシ青色素、クチナシ赤色素、クチナシ黄色素の3つがあります。青色素と赤色素は何も問題ありませんが、黄色素は下痢などの原因となるなど安全性が高いとは言えない添加物です。どの色素が使われているのか不明です。

そして、一番の問題は甘味料のスクラロース。妊娠ウサギにスクラロースを与えた実験結果では、あまり良くない結果が出ています。もちろん、これはウサギへの結果であって、ヒトへの影響はないと言われています。過度に不安視する必要はありませんが、率先して摂取すべきものではありません。避けれるなら避けたほうが良いでしょう。


プロの辛口評価

余計な味や香りを付け過ぎだと思います。


配合成分の過不足
2

森永Eお母さん 葉酸タブレットは鉄が9mgですので、妊娠準備中~妊娠初期(3ヶ月)までの葉酸サプリとして成分チェックしていきます。( )内は妊娠初期の量。

森永Eお母さん 推奨摂取量 平均摂取量 耐容上限量 判定
葉酸(μg) 480 640 243 1000
ビタミンB6(mg) 0.65 1.2(1.4) 0.95 45
ビタミンB12(μg) 1.0 2.4(2.8) 4.3 なし
ビタミンC(mg) 0 100(110) 69 なし
鉄(mg) 9 6.5(9) 6.5 40
カルシウム(mg) 220 650 430 2500

葉酸の種類は、モノグルタミン酸型の葉酸(合成葉酸)です。400μgではなくて、480μgです。はぐくみ葉酸のレビューにも書きましたが、400μgを超えるのはおすすめできません。(参照:はぐくみ葉酸は、食事性葉酸とモノグルタミン酸型の葉酸、どちらも配合した唯一の葉酸サプリ

体内で葉酸を活性型に変換する「ビタミンC」が含有されていません。タブレットタイプということは、食事の前後ではなく、間食時に食べることになるはずです。そうなると、葉酸とビタミンCを一緒に摂取できる可能性は低いため、効率的な葉酸摂取とは言えません。

一方で、カルシウムが220mg入っているのは良いです。賦形剤の量も減らせています。


プロの辛口評価

間食向きのタブレットタイプなのに、一緒に摂取したほうが良いビタミンCが含まれていないのが残念。

結論:会社の信頼性や検査体制は抜群だけど、商品は微妙

総合評価B-

森永乳業株式会社の「森永Eお母さん 葉酸タブレット」ですが、会社の信頼性や品質検査体制はしっかりしています。「森永乳業」というブランドネームも安心感があります。ですが、タブレットタイプにしたことで、栄養面はもちろん、サプリメントの形成上にも必要のない添加物が複数使用されているのが残念です。

もちろん、厚生労働省が安全であると認めた添加物ですので、必要以上に不安にならなくても大丈夫です。ですが、他にもっと良い商品があるわけで、わざわざ甘味料、香料、着色料入りのものを選ぶのは、これから母親になる立場の人が取るべき行動なのかな?と首を傾げてしまいます。(小さなお子さんのいるお母さんは、子供の口に入れるものにはかなり敏感な人が多いです。)

また、食事と同時間帯に摂るサプリメントではないタブレットタイプなのに、ビタミンCが添加されていません。葉酸を体内で活性型にするならビミンCの同時摂取が必要です。

さらに、せっかく鉄も配合されていますが、非ヘム鉄の場合は吸収率がヘム鉄よりも下がってしまいますので、ビタミンCと一緒に摂ることが大切です。食事と一緒に食べないタブレットタイプこそ、ビタミンCは必要だと思うのですが・・・。

森永Eお母さん 葉酸タブレットには味や香りが付いていますので、お菓子感覚で「おいしい」と感じるのは間違いありませんが、赤ちゃんのためならもっと栄養素のバランスが良いものや、なるべく添加物の少ないサプリメントを選んだほうが良いと思います。


葉酸サプリクラブ – サプリメントアドバイザーが辛口で評価

この記事が参考になったら、友だちにも教えてあげてください。