1. 葉酸サプリクラブ
  2. 葉酸サプリメント
  3. サプリメントアドバイザーの辛口レビュー
  4. ≫パティ葉酸サプリの口コミと成分を辛口チェック!

パティ葉酸サプリの口コミと成分を辛口チェック!

株式会社トミプロの「パティ葉酸サプリ」は楽天などで販売していないため、一般消費者の口コミがありません。無添加、無農薬、食品からできているなら安心・安全!・・・とは限りませんので、サプリメントアドバイザーが辛口で成分チェックしていきます。

「パティ葉酸サプリ」をサプリメントアドバイザーが辛口チェック

飲みやすさ(粒の大きさ、ニオイ、味)
2.0

パティ葉酸サプリのボトル
パティ葉酸サプリ粒

粒の大きさは直径9mm程度でやや小粒です。味は、口に含んでいると独特な味と苦みを感じますので、先に口に水を含んでから飲んだほうが良いです。ここまでは他の葉酸サプリでもよくあることでしたが、パティ葉酸サプリが他と決定的に違うのは「ニオイ」と「後味」の強さです。

まず、フタを開けた瞬間に「ムワっ」としたニオイが鼻をつきます。他の葉酸サプリは手のひらに少量(1日分)を置いてニオイをかいでも、ほどんどニオイがないものが多かったのですが、パティ葉酸は1粒でも鼻にくるほどのニオイがあります。

また、飲み終わったあとも胃からニオイが逆流してくる感じで、後味も悪いです。つわりの時期にこの匂いに耐えられるのかは疑問です。

ただし、ニオイは慣れの問題で、飲み続けたら飲めるようになると思います。私の場合、プロフィールページに書いていますが、ザリガニの水槽の水のニオイがするくさいプロテインは、3日で慣れて普通に飲めるようになったという経験があります。

プロの辛口評価

妊娠中期以降になれば、ニオイは慣れて飲めるようになると思いますが、つわりの時期に毎日飲み続けるのはツライと思います。

会社・代表者の信頼性
2.5

パティ葉酸サプリの販売元「株式会社トミプロ」は、会社ホームページのドメイン(http://tomipro.co.jp/)は2015年2月に取得済みのようですが、サイトの中身は何もない状態です(2016年4月現在)。公式ショップ内にも代表者・藤田圭子さんの挨拶もなく、パティ葉酸サプリだけを販売している謎だらけの会社です。

※2016年5月23日追記

会社ホームページの中身が空だったのですが、概要だけ書いた超シンプルなサイトが立ち上がっていました。これから充実していくものと思われます。

一方、株式会社トミプロのカスタマーセンターは「東京都渋谷区渋谷2-2-6 AWAビル4F」にあります。実はこの住所、美的ヌーボを販売している「株式会社フック」と同じです。「AWAビル」の正式名称は「青山ホワイトアドビービル(AOYAMA WHITE ADOBE Bld.)」です。

さらに、某モニターサイトでパティ葉酸サプリのモニターを「株式会社フック」が募集していましたので、美的ヌーボを販売している株式会社フックと何らかの関係性を持っていると思われます。そうなると、まったく得体の知れない会社とは違うかなという印象です。

株式会社フックの評価は、美的ヌーボのレビューで書きましたが、代表者の人柄や企業理念も明確で、怪しい会社ではありません。


プロの辛口評価

会社ホームページを見ても人気(ひとけ)の感じない謎の企業ですが、美的ヌーボを販売している株式会社フックと付き合いのある会社なら、相殺して及第点になるかなと思います。


品質・製造工程
4.0

GMP認可工場で製造しています。工場の写真を見る限り、住岡食品株式会社の浜北工場で製造しているようです。住岡食品株式会社の浜北工場は、2009年に日本栄養・健康食品協会のGMP認証を取得しています。「どの工場で作っているのか」が確認できるのは安心感があります。放射能検査も日本食品分析センターにて試験済み(検出なし)です。「品質試験検査」「野菜菌検査」を実施済みです。

一方で、野菜を原材料の主軸にしておきながら、残留農薬検査をしていないようです。「パティ葉酸サプリは無農薬野菜を使っているから必要ないでしょ?」と思うかも知れませんが、「無農薬=残留農薬を含まない」とはなりません。

これは「葉酸メニーミックス」や「ニューサイエンスのマルチビタミンミネラル」のレビュー記事に書いたとおりですが、飛散農薬で農薬が混入する可能性があるからです。そういう意味でも、消費者が誤解を招く「無農薬」という表記は禁止されています(商品パッケージに書いて売ったらNGですが、ホームページ上なら今のところOKです)。

通常栽培でも残留農薬検査はクリアできますので、残留農薬検査をして第三者機関から「残留農薬の検出なし」というお墨付きを提示して欲しいところです。

ちなみに、残留農薬検査をした場合、残留農薬が検出された農作物はどのくらいあるのかと言うと、検査数の0.2%です。基準値を超えた農作物だと0.01%です。つまり、世の中の農作物の99.8%は残留農薬などないのです。これはちょっと昔のデータですが、厚生労働省が公表しています。(参照:農産物中の残留農薬検査結果等の公表について(概要)(平成16年度)|厚生労働省

もちろん、農薬を使わず農作物を育てる苦労は並大抵のことではありません。そういった絶え間ない努力をしている農家のみなさんを否定するつもりは全くありません。本気で野菜づくりに向き合っている姿勢はむしろ好きです。


プロの辛口評価

残留農薬検査をしていないのが残念ですが、普通の野菜でも農薬はほぼ残っていませんので、無農薬野菜ならなおさら危険性を心配にする必要もないでしょう。


原材料(添加物)の信頼・安全性
5.0

パティ葉酸サプリ原材料

ドロマイト(Ca、Mg高含有ミネラル素材)、鉄含有酵母、ケール末、海藻カルシウム、硬化なたね油、葉酸含有酵母、野菜混合末(青ピーマン、モロヘイヤ、カボチャ、サツマイモ、生姜、玉ねぎ、トマト、人参、ほうれん草、セロリ、ブロッコリー、レンコン)、澱粉

パティ葉酸サプリは、野菜の粉末と食品原料だけで粒を固めているため、他の葉酸サプリのような凝固剤や賦形剤は一切使用していません。しかし、気になる原材料が2つあります。

ドロマイト
カルシウムとマグネシウムの炭酸塩からなる鉱物です。パティ葉酸サプリは、「食品からできた無添加葉酸サプリ」を謳っていますが、いきなり主成分が一般的な食品ではありません。一応、ドロマイトは添加物ではなくて食品扱いになりますが、普段口にするような食品とは違います。

ドロマイトはヒ素、鉛、水銀を含んでいる可能性があります。妊娠中は、水銀が胎盤から胎児に移り、胎児の発育に影響を及ぼすことが考えられるため、水銀を摂り過ぎないよう注意が必要です。(参照:これからママになるあなたへ-お魚について知っておいてほしいこと(厚生労働省)

また、鉛も妊婦の健康へ影響が起きやすいので注意が必要です。特に、乳幼児は鉛の影響を非常に受けやすく、低濃度の鉛であっても知能指数の低下や、行動障害との関連性が疑われています。(参照:鉛の健康影響について(厚生労働省)

私個人的にもわざわざドロマイトのサプリは飲みません。私が買うとしたら、第三者機関による重金属検査済みのドロマイトに限ります。

2016年4月19日追記

・・・と書いていたら、いつの間にかパティ葉酸サプリの販売ページに、

パティ葉酸サプリに配合されているドロマイトはサプリの製造前に第三者期間で分析試験を実施しております。水銀、鉛、ヒ素や重金属など「検出なし」の結果を頂いております

というQ&Aが追加されていました。分析結果の証明書画像も載せて欲しいところですが、嘘をつくはずはないと思いますので、重金属の「検出なし」ということでひと安心です。

硬化なたね油
なたね油を硬化させたものです。以前は「野菜の粉末で固めることに成功」と、さも野菜だけで固めたかのような誤解を招く表記をしていましたが、なたね油を使って固形にしているということです。

硬化油を使っているということは、トランス脂肪酸が含まれる可能性があります。ですが、パティ葉酸の場合は「トランス脂肪酸検出なし」とハッキリ書いてあります。これはおそらく、「部分硬化油」ではなくて完全に水素添加を行なっている「完全硬化油」を使っているのだと思います。

※トランス脂肪酸に関しては「はぐくみ葉酸」の記事にて詳しく解説しています。(参照:はぐくみ葉酸の口コミ→栄養成分がかなり少ない葉酸サプリでした。

それ以外の野菜類は、残留農薬検査をしていない点を除けば問題ありません。配合する野菜の種類にもこだわり、妊娠中に気をつけるハーブは配合していない考え方も良いです。


プロの辛口評価

合成添加物でサプリの容量をカサ増ししていないのが特長です。発売当初はドロマイトの安全性が最大の懸念点でしたが、重金属の検出なしが判明し、不安は解消されました。


配合成分の過不足
3.5

パティ葉酸サプリは鉄が15mg配合されていますので、妊活開始から妊娠後期まで使える葉酸サプリとしてチェックしていきます。推奨量の( )内は妊娠初期、中期、後期の量。

パティ葉酸 推奨摂取量 平均摂取量 耐容上限量 判定
葉酸(μg) 400 640(640、480) 243 1000
ビタミンB6(mg) 含有あり 1.2(1.4) 0.95 45
ビタミンB12(μg) 含有あり 2.4(2.8) 4.3 なし
ビタミンC(mg) 含有あり 100(110) 69 なし
鉄(mg) 15 6.5(9、21.5) 6.5 40
カルシウム(mg) 210 650(650) 430 2500

原材料を見てもわかるように、栄養素として配合されているのは「葉酸含有酵母=葉酸400μg」「ドロマイト=カルシウム210mg」「鉄含有酵母=鉄15mg」だけのため、それ以外の含有量は不明です。

葉酸はモノグルタミン酸型葉酸を酵母に取り込んだ「葉酸含有酵母」を使っていますので、合成葉酸となります。

また、葉酸を効率よく摂取するためのビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンCも含有量は不明ですが、配合されている野菜の中から摂取はできるようです。含有量は問い合わせても「企業秘密」と言われて教えてくれませんでした・・・。

これは企業秘密というより、合成ビタミンを添加していないので、成分量が安定しない&少ないから開示できない。というのが正解だと思います。「過剰摂取にはならないよう配慮している」とのことでしたので、やはり含有量は多くはなさそうです。

妊娠中期以降に必要となる葉酸、鉄、カルシウムの不足分は全てカバーできていますので、必要最低限にして必要十分な成分内容となっています。

しかし、妊娠中期・後期用として重要な「鉄(非ヘム鉄)」は、ビタミンCと一緒に摂らないとほとんど吸収してくれません。そう考えると、ビタミンCの含有量が不明なのは微妙です。

なお、妊娠初期に摂り過ぎると胎児の奇形に繋がるビタミンAの含有量も不明ですが、化学的に合成されたビタミンA(レチノール)は添加されていません。野菜に含まれるビタミンAは、足りない分だけビタミンAとして吸収される「βカロテン」ですので、過剰摂取の心配はありません。


プロの辛口評価

妊娠中期・後期用として「鉄15mg」は魅力的ですが、一緒に取るべき「ビタミンC」の含有量が「企業秘密」でした・・・。


価格と内容量の妥当性
2.5

定期購入で3,780円(税込)になります。価格帯としては、無農薬野菜で添加物を使わないで作ったというこだわりを考慮すれば、妥当なラインかと思います。ベルタ葉酸サプリより若干安く、ママニック葉酸サプリと同じ価格です。

ですが、ママニック葉酸サプリの特徴の一つである「返金保証」がパティ葉酸サプリにはありません。パティ葉酸サプリは、ニオイがキツくて癖が強いのですから、返金保証が必要な商品だと思います。

実際のところ、返金申請が多くなるかもしれませんので、トミプロさんとしては返金保証を付けるのはハイリスクかも知れません。なので、まずは単品(5,400円)で飲めるか試してみて、続けられると判断したら2ヶ月目からは定期割引(2,268円引き)に切り替えるのが現実的かなと思います。

また、定期価格での購入は6回の利用が条件ですので、途中解約もできません。3,780円×6回=実質22,680円の商品ということです。そうなると、やはり最初は単品で購入してニオイを確かめてから、定期購入するかを検討したほうが良いです。


プロの辛口評価

ベルタ葉酸サプリより若干安くて、単品購入でも妥当な価格帯ですが、定期割引で買うと6ヶ月間は途中解約ができません。気軽にお試しできないのがネックです。

結論:妊娠初期はニオイが最大の敵、妊娠中期・後期用としてなら及第点

総合評価B

「厚生労働省が許可している安全な添加物とはいえ、化学合成の添加物はできるだけ摂りたくない」
「合成のビタミンではなくて、なるべく自然に近い形から栄養素を補給したい」

そんな人におすすめなのが、株式会社トミプロのパティ葉酸サプリです。パティ葉酸サプリは、行列のできる法律相談所でお馴染みの大渕愛子弁護士、ものまねタレントおかもとまりさんも妊娠中に愛飲していたという葉酸サプリです(自主的に飲み始めたのか、トミプロの依頼で飲み始めたのかは不明)。

パティ葉酸サプリの特徴である「無農薬野菜を使用」「添加を一切使用せず、食品原料で粒を固めている」と聞いただけで、何となく良さそうな印象を受けます。ですが、何かのリスクをゼロにすると、必ず「リスクトレードオフ」が生じて、新たなリスク(デメリット)が発生してしまいます。

パティ葉酸サプリの場合は、一般的な添加物を使わずに粒を固めたことによる「ニオイ」が強烈です。主原料のドロマイトも影響しているのかも知れません。ニオイの強さは、数ある葉酸サプリの中でもトップクラスです。

ですが、逆に言うと、味やニオイを人工的にいじらずに自然なままで販売しているのが、他の葉酸サプリとはひと味違うパティ葉酸サプリの良いところでもあります。

厚生労働省は妊活中~妊娠初期までは、食事と合わせてサプリメントから葉酸を摂取することを推奨しています。ですが、妊娠中期以降はサプリメントを推奨しているわけではないからです。禁止しているわけでもないですが、なるべく自然な形で摂取するのが理想的です。

実際、私の場合もプロフィールページに書いていますが、ニオイのくさいプロテインや、まずいことで有名なキューサイの青汁をあえて選んで飲んでいます。より自然に近いサプリメントをより自然な形で飲んで、合成栄養素では得られない恩恵を受けたいからです。

そのため、妊娠中に通常の食事だけは推奨量になかなか満たない葉酸、鉄、カルシウムは含有酵母やドロマイトで配合量を確保し、それ以外は自然の野菜の力に任せるという考え方は同意できます。

ただし、ビタミンCの含有量が不明なため、鉄を15mg摂ったとしてもどのくらい吸収できるかは未知数です。妊娠中期・後期の鉄不足に対応した葉酸サプリは、今はもっと良いものが発売されていますので、そちらを選んだほうが良いと思います。

葉酸サプリクラブTOPページに戻る

この記事が参考になったら、友だちにも教えてあげてください。