1. 葉酸サプリクラブ
  2. 妊活中の悩み
  3. ≫妊娠検査薬・クリアブルーを使ってくっきりと陽性反応が出た話(陽性反応画像あり)

妊娠検査薬・クリアブルーを使ってくっきりと陽性反応が出た話(陽性反応画像あり)

妊娠検査薬の使用体験談をシリーズ化してお届けします。今回は、31歳の時に第二子の妊娠が発覚し、クリアブルーで陽性反応を確認し、無痛分娩の産婦人科クリニックで妊娠確定が出るまでのお話しです。

今回の登場人物


みー
1982年生まれ。当体験談の執筆時で3歳と1歳の子供を持つ専業主婦。


みーの旦那
いつも冷静沈着。帰宅後は寝転びながらTVを見るのが趣味。


みーの友人
前の会社の同僚。1歳の子供を持っていて話が合う。


鎌田久美子先生
愛知県名古屋市緑区にある産婦人科「ロイヤルベルクリニック」の勤務医師。

序章:寝不足でもないのに1日中眠くてフラフラになる

今からお話する内容は、2014年3月ころ、専業主婦で2歳の娘の子育て中だった私(当時31歳)が、第二子の妊娠発覚時に実際に体験した話です。当時の私は、第一子の娘を妊娠した時に妊娠まで2年近くかかっていて、妊娠しにくい体質だと自覚していました。なので、避妊はせずに、

そろそろ娘も大きくなってきたし、妹か弟を作ってもいいかな。妊活するほどでもなく、(ゆるく)できたらいいなー。

くらいに考えていた毎日を送っていました。そんな日々が続いていた生理3日前くらいに、その兆候は突然やってきました。とにかく、倦怠感と眠気が酷いのです。

私は普段ならソファでうたた寝などすることもないのですが、気づくとずっとソファでウトウトすることが多くなりました。2歳の娘がおもちゃをひっくり返して大きな音を立てても、「ハッ」と気づくのですが、すぐに眠ってしまうのです。

眠りに身体が全く抵抗することができない状態でした。なったことはないけど、まるで「ナルコレプシー」のようでした。(※ナルコレプシーとは、通称「過眠症」と呼ばれ、場所や状況を選ばずに強い眠気が起きる睡眠障害のこと。)

意思では全くコントロールできない眠気で、寝不足でもないのに1日中眠たくて眠たくてフラフラでした。ふとした瞬間に意識を失ってしまう、といった眠気が毎日続きました。

こんなに簡単に妊娠するはずがないけど、念のため検査薬で確認

また、軽い吐き気と胸の張るような痛みもありましたが、生理前はいつもそうなので気にもしませんでした。その時は、

いつものPMSの一種かな?

と思っていたのです。ですが、生理日になっても生理が来る気配がないのに気づきました。第一子の娘を生む前は生理不順だったのですが、生んでから4か月で生理が再開し、そこからはほぼきっちり予定日にきていたのに・・・。娘を妊娠した時は2年近くかかって、妊娠しにくい体質だと自負していた私は、

心当たりがあるのは1回だけだし、それで妊娠するはずがない!

と思っていました。でも、なんだかおかしいのです。「おかしいって何が?」と聞かれても答えようがないのです。女の勘というか・・・違和感のようなものがフツフツと沸いているのを感じました。

もしかしたら・・・

と思い、念のために妊娠検査薬を使ってみることにしたのです。実は、2年前の妊娠では妊娠検査薬は使用しませんでした、生理不順と勘違いして産婦人科へ行って妊娠が発覚したからです。一応、妊娠検査薬は何度か使ったことはあるものの、

安いものでもないし、きちんとリサーチしてから今度は買いに行こう!

と、まずは口コミや体験談を読み漁りました。

チェックワンファストは感度が良いらしいけど、売っていない

その結果、候補に挙がったのが、株式会社アラクスの「チェックワンファスト」と、オムロン株式会社の「クリアブルー」でした。

まず、アラクスのチェックワンファストを候補にしたのは、感度が良いらしく「生理日当日でもOK」だったからです。普通の妊娠検査薬は、生理日1週間後しか正しい判定が出ないと言われているので、そんなに待てない私には大変ありがたいものでした。

ですが、薬局に探しに行ったものの、売っている薬局が極端に少ないことがわかりました。地元の愛知県春日井市で探したのですが、地域密着で展開している「B&D」を2件と、ツルハドラッグ3件、合計5店舗のドラッグストアを回っても売ってないのです・・・。これにはびっくりしました。

どこにもないので、チェックワンファストを諦め、次の候補のクリアブルーを購入することにしました。

クリアブルーは安くて使用者が多く、フライング検査も期待できる

クリアブルーはチェックワンファストと違って、地元の春日井市のB&Dに普通に売っていました。クリアブルーは通常の妊娠検査薬と同じで「生理日予定日1週間後に検査結果が出る」となっているものの、体験談では「その前のフライングでも結果が出た!」といった口コミが非常に多かったです。

結果が出やすい点に加えて、比較的安価なお値段というのもクリアブルーの特長です。チェックワンファストが2本入りで1,500円に対し、クリアブルーは2本入り700円といったお手軽な価格帯。そういうこともあり、使用している人が圧倒的に多かった妊娠検査薬だとわかりました。

また、チェックワンファストと違って、どこの薬局でも販売しているのも魅力に感じました。そんなことを考えながら、薬局にある妊娠検査薬の棚の前で熟考すること30分。

難しい顔で右往左往していたので、薬局のおじさんに怪しい目を向けられながら(おそらく、万引きかとマークされていた笑)、クリアブルーを購入しました。念のために、2本入りを購入し、気持ち早足にドキドキしながら帰宅しました。

1回目の検査は陰性。3分待っても変化なし

いそいそと家に帰り、トイレに直行。「妊娠したらいいなー」程度にゆるく考えていたので、実際にそこまで覚悟がちゃんとできていなかった私。ましてや、できにくい体質と思っていたので、早すぎる展開に心がついていかない状態でした。

パッケージを開ける時も、

もし陽性だったらどうしよう

と、グルグル考えていました。検査結果が出る前の1分ちょっとの間、とても時間が長く感じました。そして結果は・・・「陰性」でした。判定窓は真っ白のまま。最初に思わず口に出たのは、

えっ!そんなはずはない!

でした。そのまま3分待っても変化はなく、持ち上げたり、左右から見てみたり、光に透かしてみたり・・・それでも、陽性の線は確認できませんでした。

まだ早かったのかもしれない。3日後までに生理がこなければ残りの1本をやろう

と決めて、陰性の検査薬はゴミ箱へ捨てました。なんだか、ホッとしたのと腑に落ちない気持ちで、ごちゃごちゃの気持ちになりました。その後の3日間は、やっぱり眠気や倦怠感は変わらず同じ日々でした。ただ、日に日にお腹が重たいような、鈍く痛いような感じもしていたので、

もしかしたら生理が来るかも

と考えていました。でも、特に出血らしいものもなく、生理が来ないまま3日後を迎えました。

陽性のラインがクッキリと浮き出て、テンパる(笑)

この3日間、体験談ばかり読んで寝不足の日々を送っていました。直感だけは妙に鋭い私は、潜在的に気付いていたのかもしれません。はやる気持ちを抑えつつ、朝一番に妊娠検査薬を手にとってトイレに直行しました。通常の尿検査も「朝一番のものを」と言われるように「検査するなら朝一がいい」と体験談で読んだからです。

旦那にはまだ気づかれたくありませんでした。

妊娠がハッキリしていないのに伝えたら、色々考え込む性格の旦那の負担になってしまう。ここは、はっきり陽性が出るまで隠していよう!

と決めていました。なので、朝は旦那が家にいてバレたくなかったので、旦那が出社してから検査をすることにしました。トイレで尿をかけ、1分・・・待たなくても大丈夫でした。かけた途端に、陽性のラインがクッキリと浮き出てきました。それがこちらの画像です。

クリアブルー陽性写真

はっきりとしたブルーの線、まぎれもない正反応でした。どこかで妊娠だとわかっていたのに、この陽性反応を見てテンパった私は思わず友達にラインをしていました。彼女は前の会社の同僚で歳も近く、当時は1歳の子供を持っていて気が合うので、退社後もちょくちょく会うような仲でした。

今、大丈夫?

うん、朝からどうした?

いや・・・妊娠したっぽくて・・・

え!?本当に?

うん、検査薬でくっきりはっきり陽性が・・・

おめでとうじゃん!おめでとう!!

いや、まだ病院行ってないし・・・。てか、テンパって急にラインしてごめん・・・

いいよいいよ!とにかくおめでとう!また病院行ったら教えて!

といったやりとりをして、友人のおかげで少し冷静になれました。

旦那に陽線反応が出たことを告げる。その時、旦那の反応は?

あとは、旦那に今話すかどうか・・・。

喜んでくれるだろうか、経済的に厳しいってよく言ってるしな・・・

と、一人で悶々と考えること半日。迷ったのですが、夜に話すことに決めました。旦那が帰ってきて、夕飯食べてお風呂入ってリラックスしている時に話をしよう!と決めて、娘も早めに寝かせてゆっくり話ができる準備をしました。話をするまで、不安でいっぱいで、帰ってきた途端に全て話して気を楽にしたい気持ちもありました。

ですが、とにかく落ち着いて話さないといけない問題なので、グッと堪えて旦那がお風呂に入ってあがるのを待って話を切り出しました。

お酒を飲む前に、ちょっと話があるんだけど・・・

何?どうした?

・・・あのさ、妊娠したっぽくて・・・

え!?・・・えっ!?

普段からかなり冷静で、焦っている旦那を見たのは数えるほどしかありません。冷静沈着、どんな時でも冷静な旦那のびっくりした顔を見るのも久しぶりでした。旦那は焦った後、しばらく考え込んでから、

おめでとう。予想外でビックリしたけど、これから大変だけど頑張っていこうね。

とにこやかな笑顔で言われました。旦那からの最大限の喜びの言葉でした。まだ、病院に行って確定したわけではないものの肩の荷が少し降りた感じがしました。

無痛分娩のフォレストベルクリニックを選んだ理由

陽性反応は出たものの、第一子の時も早すぎて心音も確認できなかった経験があったので、とりあえず2週間後に病院の予約を取ることにしました。娘が10か月の時に愛知県春日井市に引っ越してきたので、産婦人科探しはイチからスタート。家から近くて、無痛分娩を取り扱っている病院を探していました。

無痛分娩の病院にしようと思った理由は、第一子出産時に19時間も陣痛に苦しんで出産の喜びよりも、

疲れた・・・もう寝たい・・・

という気持ちのほうが色濃く出てしまったので、

きっと今度が最後の出産だし、感動したい!

と意気込んでいました。近所で希望の産婦人科はなく、市をまたいでしまいますが、車で15分くらいのところにある守山区の産婦人科「フォレストベルクリニック」に決めました。フォレストベルクリニックを選んだ理由は、希望していた無痛分娩の他に

  • 予約制を導入していて待ち時間も少ないこと
  • 夜も可能なので旦那と行けること
  • 入院時は個室対応
  • できたばっかりなので綺麗で清潔
  • 託児所が無料利用可能

と、私の希望が全て通っていたので「ここで!」と即電話しました。

はい、フォレストベルクリニックでございます。

(言葉使いも綺麗だな・・・)初めてなんですが、妊娠検査薬で陽性が出たので予約を・・・

かしこまりました。ではお名前を。

と普通の病院に電話するような簡単な質問をされ、2週間後に予約を取りました。最初から、このフォレストベルクリニックはとても印象が良かったです。

「これが心臓ですね。しっかり妊娠しています。」

予約した当日、旦那に運転してもらい、旦那と娘と一緒にフォレストベルクリニックへ行きました。予約15分前に到着しました。病院はそこそこ大きく、ベルクリニックだけあって結婚式の教会のように大きな鐘がついているデザインの建物でした。

中は広々としていて、大きなフカフカのソファ、自動販売機、明るい受付と、まるでホテルのロビーのような内装にただただ圧倒されていました。受付に初診であることと予約していることを告げ、娘はちょろちょろ動くので託児所へ。旦那が託児所へ娘を預けている間に問診票を記入しました。問診票も紙ではなくタブレット操作で、

時代は進化しているなぁ

と呑気に考えていました。問診記入後に、番号札を渡されて尿検査をするようにと言われ、尿検査へ行きました。その後、

番号がモニターに出て呼ばれますので、番号を呼ばれましたら中待合室へ入ってお待ちください。

なお、中待合室は基本男性禁止で、番号を呼ばれるまで入れないシステムになっております。不妊治療や婦人科へかかっている方もいらっしゃるので、その考慮です。

と、言われました。番号がモニター出て呼び出され中待合へ。扉で仕切られた中で、

まずは血圧と体重を図ってください。血圧の結果の紙に氏名と体重を書いて、診察室へ入る際に看護師さんに渡してください。

と言われました。ここまで来ると、少しソワソワと不安が入り混じった気持ちになってきました。陽性反応から2週間、

ちゃんと心音が確認できるのだろうか

と、待っている間もどんどん不安な気持ちになったのを覚えています。そうしている間に診察室へ呼ばれました。初診は女性の先生(鎌田久美子先生)でした。フォレストベルクリニックでは基本、先生はローテーションで診ているので、毎回同じ先生ではないクリニックでした。

検査薬で陽性が出たんですね?最終生理はいつですか?

と、これだけ質問されました。無表情な女医さんで淡々と問診でした。そのあと隣の部屋へ移動。下着を脱いで、診察する動く椅子に座って待っているように看護師さんに言われました。初めてではないけれど、何度経験しても緊張するこの動く椅子・・・緊張しながら座りました。

その直後、すぐに椅子は動きカチャカチャと器具を触る音が聞こえてヒヤッとした感触に少しビックリしました。頭上あたりにあるモニターに何かが映し出されて、小さな黒い袋が見えて本当に小指の爪より小さなものがピコピコ動いているのが見えました。

これが心臓ですね。しっかり妊娠しています。おめでとうございます。

この言葉を聞いた途端、体中の力が抜けたような脱力感に襲われました。

ちゃんと妊娠している・・・お腹の中で命が生きている・・・

そんな感情がフツフツと生まれるのを感じました。以上、私の妊娠発覚→妊娠検査薬使用→産婦人科で妊娠確定の体験談でした。

あとがき:命が芽生えた瞬間の気持ちを大切に。

「妊娠したかも・・・」と思った時、どんな気持ちでしたか?嬉しかった、困惑した、おろおろした・・・色んな反応があるかと思います。その人の環境や置かれた状況によって三者三様だと思います。どんな気持でも、その時に生まれた気持ちを大切にして欲しいと思います。「妊娠する」そのこと自体が奇跡の連続だと考えているからです。

病院で妊娠が確定してからも、定期的な検診に加えて悪阻、そしてお腹は日に日に大きくなり身体的にツラい状況になります。でも、その時期は10か月くらいしかない愛しい時間なのです。私も、このあと切迫早産になり、大変な思いをして産みましたが、良い経験をしたと今では思えます。

命が芽生えた瞬間が母親0年生です。子どもと一緒に母親になります。戸惑って悩んで母親になるものです。その命が芽生えた瞬間の気持ちを、いつか娘達に話せたらいいなと思っています。一瞬一瞬の気持ちを大切にして、楽しんで妊娠ライフを送ってください。

関連記事妊娠検査薬はどれがおすすめ?私の選び方はコレでした。