1. 葉酸サプリクラブ
  2. 妊娠中の悩み
  3. 妊娠初期
  4. ≫男女の産み分けする?しない?失敗してわかった後悔しない子作り論

男女の産み分けする?しない?失敗してわかった後悔しない子作り論

性別の産み分けは、ゼリーや酸性の食べ物を食べたり、排卵日のタイミングを図ってSEXをしたり、やり方は色々あります。ですが、100%成功するわけではありません。そこで、産み分けに挑戦した口コミと結果、産み分けをしなかった派の理由、元看護師が語る産み分けの仕組みなど、賛否両論うずまく男女の産み分けについて考察してみます。

何人目のときに、男女どちらの産み分けに挑戦した?

2人目/女の子


ちゃみっこ(1976年生まれ/子供3人/調理師)です。私は2人目のときに、女の子の産み分けに挑戦しました。

1人目が男の子だったこともありますが、もともと女の子が欲しかったというのもあります。私が昔習っていたバレエをやってほしいという思いと、将来的に女の子のほうが話し相手になってくれるだろうという気持ちからです。

1人目が3才になり、だんだんと手がかからなくなった頃に2人目を考えました。産婦人科に行き、産み分けの相談をしました。

女の子が産まれやすくなる食べ物がずらりとかかれた資料を、夫用、妻用それぞれもらい、あとは産み分けゼリーを勧められました。

産み分けゼリーに関しては、「保険が利かないので高額になりますが、どうしますか?」と聞かれましたが、やはりどうしても女の子が欲しかったので買うことにしました。6回分で1万5千円でした。

食べ物は、「夫がアルカリ性、妻が酸性のものを食べると良い」というものでした。私の場合、がんばって酸性のものばかり食べていたら、体が酸性に傾いてしまったようで免疫が下がり、風邪をひいてしまいました(笑)

夫はというと、アルカリ性の食べ物が嫌いなものばかりだったようで、なかなか食べてくれず、あまり上手くいきませんでした。でも、ネットでリトマス紙まで購入して(笑)、時折pHを計りながら頑張りました。

3人目&4人目/女の子


ヨカっち(1976年生まれ/子供4人/自宅出産)です。私は3人目と4人目で、女の子の産み分けをしようと思いました。

理由としては、娘のほうが将来的に自分に近い存在でいてくれそうだし、小さいうちも育てやすく、着飾る楽しみもあるからです。それと、長女に妹を作ってあげて、「姉妹仲良く成長するところを見たい」というのもありました。

2人目の子が1歳半のころ、「そろそろ妊娠しよう」と考え始めたころから産み分けに取り組み始めました。

もともと基礎体温をつけていたので、自分で産み分けにチャレンジしました。「男の子になる精子より、女の子になる精子のほうが数は少ないけど長生き」という説をもとにしました。私は女の子が欲しいので、排卵日に2~3日先立って性交しておけばいいということになります。

ほかにも細かい条件があったのですが、主に目指したのは、排卵と性交のタイミングです。最初は「それだけでいいの?」と思っていましたが、いざ実行しようとすると、思っていたよりカンタンではなかったです。

想像していたよりも難しかったこと

まず、「予測通りに排卵日が来るとはかぎらない」というのがあります。いくら生理周期が規則的な体質だといっても、体調によって数日の誤差はあったと思います。

それよりも一番のハードルは、ダンナに「今日ちょうどいい日だから、エッチしよう!」と言うことでした。これは私にとって、なかなか勇気のいることでした(汗)ダンナは産み分けに反対ではなかったのですが、私ほど思い入れもありませんでした。なので、色々な意味で恥ずかしかったです。

私は普段、自分から誘ったりしないので、ダンナは「いきなり言われてもやりにくい」と思ったかもしれないし、「そこまでして性別選びたいの?」と引かれているかもしれないと思いました。

こんな感じで、ともかくチャレンジしたものの、結果は失敗でした。1回目のチャレンジで、なんともう妊娠してしまったのです!だからもしかしたら、その当日が排卵日だったのかもしれないです。で、(当然?)男の子が産まれました。

3人目は結局、男の子だったので、4人目は最後のチャンスとばかりに、さらに産み分けの希望が強くなりました。再チャレンジはその2年後です。

もう後がないので(最初から子供は4人と決めていました)、もっと詳しくネットで調べたり友達に聞いたりしましたが、結局また、自己流でやってみることにしました。

産婦人科でしてくれる産み分けの方法は、お金がかかるうえに希望通りにならなくても返金はしてくれません。「高いお金をかけて残念な思いをするくらいなら、自分でやろう」と改めて決意しました。

結果からいうと、またまた男の子・・・。今回は、排卵日の予測にも性交タイミングにも自信があったのですが、私の「自己流の産み分け」は完全敗北でした。やはり「生命の誕生」は神秘なので、私のような1人の人間が都合通りにコントロールできるものではなかったのかもしれません。

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ